「プチクリ×プチビズ」でのキャッシュポイントを考えてみましょう。

プチクリエイターとして作った作品を、プチビジネスで、どう現金に換えるか?

そのためには、キャッシュポイントを考える必要があります。

そもそもキャッシュポイントとは何か?

キャッシュポイントには、いろんな説明がありますが、

ここで言うキャッシュポイントとは、「売上や報酬が発生する時点」という意味で使っています。

「プチクリ×プチビズ」では、キャッシュポイントが、収入源になります。

簡単に言うと、「キャッシュポイントで作品をいかにお金にするか?」を考えればよいわけです。

(1)作った作品を売る
・フリーマーケットで直接売る
・ネットショップ、ネット販売
・手作りの作品を販売するサイトを利用する
・オークションに出品する
などいろいろあります。

イラストなどは、原画ではなく、コピーしたものを安く販売する方法もあります。

プログラミングやシステム開発も、作品を納品してお金をもらうわけですから、ここに入れてよいでしょう。

(2)グッズ化する
イラストなどは、デザインをグッズとして売る方法があります。

例えば、こんな感じです。
ヘタでいい

イラスト一つを、いろんなグッズにすることが可能です。

(3)無料で提供する
作品自体は、無料で提供するパターンです。

例えば、無料ダウンロード、無料情報、メルマガ、壁紙、アプリケーションなど、いろいろ考えられます。

無料で人(またはアクセス数)を集めれば、いろんな展開ができます。

何故なら、作品自体を売らなくても、他の手段でお金にすることができるからです。

簡単なのは、広告やアフィリエイトです。

また、無料で集まった人の中には、有料でも注文したい人がいるので、
新たな受注につなげることもできます。

例えば、似顔絵イラストやオリジナルのソフトウェア開発などが、これにあたります。

無料で提供して稼ぐ方法は、いくらでもあるので、
「フリー(Free)」という以下の本を参考にするとよいでしょう。



(4)Webサイトを利用する
例えば無料ブログサービスには、ポイントがもらえるところがあります。
貯まったポイントは、換金できたり、お金の代わりに使えたりします。

また、ネットサーフィンが好きなら、情報をまとめるだけでプチクリ×プチビズにすることもできます。

まとめNaverでは、あなたが整理してまとめた情報のアクセス数に応じて、お金がもらえます。

まとめNaver

以上のように、作品を換金するキャッシュポイントは、いくらでも考えることができます。

あなたも自分の作品に合ったキャッシュポイントを、考えてみてください。

キャッシュポイントは、一つとは限りません。

複数組み合わせてもOKです。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。